This is judge-man!!!!

【勝浦の夜明けです。
  今日も一日天気がもちます様に(^u^)】

 こんにちは!!judge-manで~す(*^_^*)今日は和歌山県の那
智勝浦ゴルフ倶楽部に遠征中です!やっぱりこっちは暑いで
す・・・と思いきや、大阪や京都などの都心に比べれば幾分さわや
かです(●^o^●)やっぱり都会の暑さは不快指数が高いみたい
です(――〆)こちらは海がとてもきれい!!夏はクラブハウスから
の景色が最高です!!皆さんも一度は遊びに来て下さいね。那智勝
浦ゴルフ倶楽部ではホテル浦島さんとの宿泊パックもご用意して
おります!!浦島の温泉は数も多く一見の価値ありですよ。

【那智勝浦GCのクラブハウスからの景色です。
  この時期は特に海がきれいに見えます(*^_^*)】

 さて、ゴルフ場の宣伝はここまでにして(+o+)今回は『使用して
いる乗用カートに打球があたってしまった』場合の処置についてご
紹介させて頂きます。今では当たり前の乗用カートはどの様に扱え
ば良いのでしょうか??

【こちらは那智勝浦GCに今年導入したNEWカート!
        やっぱり新車はきれいですなぁ(^u^)】

 カートの扱いについてはその状況により【定義16】で下記の通
り規定されています。

 ①カートが停止している場合
 カートが停止している場合はストロークしたプレーヤーの携帯
品となります。

 ②カートが動いている場合
 カートが動いている場合は、カートを動かしている人の携帯品
として扱われます。

 その後の処置については規則19で規定されています。

 ①の場合については、プレーヤーは1打の罰を受け、その球はあ
るがままの状態でプレーされなければなりません。(ただし、カー
トに球がのってしまっている場合は、その球はその時にその物があ
った場所の真下の地点でホールに近づかないできるだけ近い所に
ドロップしなければなりません。

 ②の場合については、ラブオブザグリーンであって誰にも罰はあ
りません。無罰で①の時と同様の処置となります。

 正式な競技会ではローカルルールで規定される場合もあります
が、規則書では上記の通りとなっています。

 でも・・・カートに球が当たると言うことはプレーヤーより前に
出ていると言うことですので、打球事故に繋がる可能性もあります。
プレーの際は十分に注意して下さいね(+o+)

 それでは暑い日が続きますが、熱中症に十分注意して8月もゴル
フを楽しんでください!!この時期は帽子をかぶり、水分補給を十
分に行って下さい(●^o^●)次回もおたのしみに!judge-man
でした~(*^_^*)

にほんブログ村NHG株式会社